明けましておめでとうございます。
しくじり所長@ぶんぶんです。
本年もよろしくお願い致します。

20代では徐々に周りが結婚し始め、30代になると「あれ?あの人も?」と、あれよあれよと言う間に既婚者が増えていきます。

「どうして私には良い出会いがないの?」
「ここまで待ったんだから、素敵な人と結婚したい!」
「いつか私の魅力に気づいていくれる人がいるはず」

と、年齢を重ねるごとに段々と焦りを感じている婚活女性に限って、「35歳までに結婚したい!」という言葉をよく口にしています。特に、キャリアを積んだ女性に多いのが「少なくとも、私と同じくらいの年収がいい」というリクエストです。

ある統計によると、男性の平均年収は20代で300万円後半、30代でも500万円に届かないという調査結果が出ています。年収分布を見ても、20代、30代は300〜400万円なのですが、これに対して女性が男性に求める年収はざっと聞く限り500万円を下りません。

もちろん、希望年齢を上げていけばそれだけ年収も高くなるケースが多いのですが、実際のところ多くの婚活女性は自分と同じくらい、年上であっても5〜10才くらいを望む場合がほとんどです。稼いでいる人がいいけれど、あんまり年が離れているのはちょっと・・・となかなか難しいことを言う人が多いんです。

でも、35歳以下で結婚している人というのは、果たして妥協ばかりの結婚をしたのでしょうか。

そうではなく、収入が高くなくても人柄に惹かれるとか、安定した職業に就いていなかったとしても共働きの選択をするとか、ルックスに多少の難があったとしてもダイヤの原石だと思って自分が磨いてあげようという気持ちを持つとか、どんどんと自分の許容範囲を広げているのです。

そう、よく過去と他人は変えられないと言いますが、やはり自分から変わっていかないといけない。それでいて、相手が変わってくれるならラッキーだと思える気持ちを持てるかどうか。これがとても大事だと感じています。

100%を目指すのではなく、70点でもいいから自分も努力をしていく。そういう目線で婚活をしていると、未来の結婚相手に出会える確率はぐんと高くなりそうですね。

★結婚したい気持ちがあるのに一歩が出ないあなたへ~今すぐ「ご縁の結び処 しろうさぎ」へ!!(ノーリスクで相談所婚活出来るチャンス!「無料相談+1ヵ月間お試し」キャンペーン中)
https://shirousagi.guide/service/monitor4/